特殊車両通行許可申請の種類

特殊車両通行許可申請には下記のような種類がありますのでご参照ください。

新規申請

初めて特殊車両通行許可申請を行う場合の申請です。

更新申請

通行期間を延長したい時は、特殊車両通行許可申請書と許可に必要な附属書類が必要になります。

ただし、新規申請時と同一の窓口に申請するときは、附属書類の提出は省略することができます。この申請を「更新申請」といいます。

変更申請

申請内容を変更したい時は、特殊車両通行許可申請書と附属書類が必要になります。 ただし、新規申請時と同一の窓口に申請するときは、変更のない附属書類の提出は省略することができます。この申請を「変更申請」といいます。

たとえば道路災害などで許可された経路が通行できなくなったときに、代わりの経路を通行しようとする場合には、通行経路の変更を申請しなければなりません。

主な変更内容

  • 車両を交換する場合(車両の種類および軸種が同一の場合に限る)
  • 会社名や代表者名等の変更
  • 通行経路の変更
  • トレーラーを増車(ただし、包括申請の場合)
    注:トラックまたはトラクタの増車は新規申請となります。

普通申請

申請車両台数が1台の申請をいいます。連結車の場合もトラクタ、トレーラ伴に1台ずつなら普通申請に該当します。

包括申請

複数の車両について、一つの許可申請書による申請です。包括申請は、同じ種類の積載貨物を、同じ車両形状で、且つほぼ同じ諸元である複数の車両での運搬に限られます。

貨物種類や車両形状が同じであっても、極端に積載貨物の寸法、重量や車両諸元が異なる場合は、普通申請となります。

往路と復路で車両の状態が異なるとき(積車状態または空車状態)の申請

<往路、復路とも一つの申請とする場合>
往路、復路とも積車状態で審査され、通行条件が付されて許可されます。

<積車状態と空車状態を区別する場合>
積車状態と空車状態を別々に申請します。この場合は両方の許可証を車両に携帯しなければなりません

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ