特殊車両とは?

特殊車両とは、車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅・長さ・高さ・重量等のいずれかが車両制限令に定められている車両諸元の最高限度(一般的制限値)を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両のことを指します。

特殊車両が道路を通行するには、特殊車両通行許可が必要になります。

一般的制限値

車両の諸元 一般的制限値(最高限度)
2.5m
長さ 12.0m
高さ 3.8m(高さ指定道路にあっては4.1m)
総重量 20.0t(高速自動車国道または重さ指定道路にあっては車両の長さ・軸距に応じて20~25t)
軸重 10.0t
隣接軸重
  • 隣り合う車軸の軸距が1.8m未満 18.0t(ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3m以上、かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5t以下のときは19.0t)
  • 隣り合う車軸の軸距が1.8m以上 20.0t
隣荷重 5.0t
最少回転半径 12.0t

車両の諸元とは荷物を積載し、実際に走行する状態での諸元を言います。はみ出しがある場合には、はみ出し部を含みます。

車両の構造が特殊

車両の構造が特殊なため一般的制限値のいずれかが超える車両で、トラッククレーン等自走式建設機械、トレーラ連結車の特例5車種(バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車の運搬用)のほか、あおり型、スタンション型、船底型の追加3車種をいいます。

※追加3車種については、「総重量の最高限度の特例」は適用されません。

■貨物が特殊

分割不可能のため、一般的制限値のいずれかを超える建設機械、大型発電機、電車の車体、電柱などの貨物をいいます。

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ