特殊車両通行許可の用語集

【構造令】
道路構造令の略。
道路を新設または改築する場合における道路の一般的技術的基準を定めた政令。

【車限令】
車両制限令の略。
道路の構造を保全し、または交通の危険を防止するため、一定限度を超える車両を制限する政令。

【特車】
特殊な車両の略称。

【単車と連結車】
単車とは、連結されておらず自走できる車両をいいトラック、建設機械等のことをいう。
連結車とはけん引車(トラクタ)と被けん引車(トレーラ)とが連結された状態の車両をいい、セミトレーラ、フルトレーラなどのことをいう。

【背高海コン】
海上コンテナ用セミトレーラ連結車であってもコンテナの高さが、通常の海コン(8フィート6インチ)より1フィート高い9フィート6インチあるコンテナを背高海上コンテナといい、高さが4.1メートルまで許可される。(通行経路は高さ指定道路に限定)

【ポールトレーラ】
コンクリートパイルや橋桁などの長尺物を運搬する連結車をいう。

【重セミ】
重量運搬用セミトレーラのこと。
発電機や建設機械などの重量のある積載物を運搬するセミトレーラ連結車で、道路運送車両法の保安基準の緩和を受けた車両。(海コン、ポールを除く)

【一般セミ】
一般のセミトレーラ連結車のこと。
海コン、重セミ及びポール以外のセミトレーラ連結車で、一般貨物運搬用に使用される車両。

【特例車種】
バン型、コンテナ用などの連結車のこと。
車両の形状や重量及び寸法が決められた範囲内のバン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車の運搬用、およびあおり型、スタンション型、船底型の連結車をいう。

【新規開発車両】
新たに設計製作される車両で、車両制限令第3条で定める一般的制限値を超えるもので、届出書を提出して国土交通省道路局から基準に適合するものとして適合証明書の交付を受けた車両をいう。

【新規格車】
平成5年11月25日の車両制限令の改正による総重量の最高限度に適合する車両。

【重さ指定道路】
高速自動車国道、または道路管理者が総重量について指定した道路。
重さに関して、車長・最遠軸距により、最大25tまで通行許可申請が不要である道路。

【高さ指定道路】
高さの一般的制限値を4.1メートルとするものとして各道路管理者が指定した道路。

【算定要領】
特殊車両通行許可限度算定要領。
申請された経路における道路の構造物に対して特殊な車両の通行の可否を審査するための技術的基準。

【超寸法または超重量】
超寸法車両、超重量車両。
算定要領による許可限度を超える車両。寸法で超える車両を超寸法車両、重量で超える車両を超重量車両という。

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ